【ベランダ菜園のすすめ】蜂避けにダミー蜂の巣がいいって本当!?その効果のほどは!?

スポンサーリンク

温かくなってくるとベランダにやってくる蜂。この蜂に悩まされている人も少なくないかもしれません。蜂対策グッズはさまざま販売されていますが、今話題になっているのは蜂の巣に似せたダミーの蜂の巣を吊すことなのだとか。ダミー蜂の巣の効果や作り方について紹介します!

ダミー蜂の巣の作り方

ベランダ菜園をしていると、避けて通れないのが蜂。でも、避けて通りたい蜂。そんなベランダ菜園で今注目を集めているのがダミー蜂の巣なのだそうです。私も実際にダミー蜂の巣を作ってみましたが、安価で作れ、それほど難しくはありません。

ダミー蜂の巣を作るために用意する物は、茶色っぽい紙、もしくは新聞紙とガムテープです。クラフトテープでも良いのですが、どうしても外に吊していると剥がれてきてしまいますので、布のガムテープのほうが良いでしょう。

新聞紙で作る場合には、新聞紙を丸めて蜂の巣のような形にし、ぐるぐるとガムテープを巻きます。このダミー蜂の巣はクラフトテープを巻いてしまったため、暴風雨の日にぼろぼろになってしまいました(汗)

通販の商品を買った時に、何となく蜂の巣っぽい梱包材があったので、それを丸めて作ったダミー蜂の巣。何となく蜂の巣っぽく見えますよね。これは布のガムテープを巻いていますので、けっこう頑丈です。適当に紐などを通して物干し竿に吊しています。

ダミー蜂の巣は、すでに楽天市場やアマゾンなどでダミー蜂の巣として販売もされているようです。より本物っぽいクオリティーを求めたい方は、こちらを利用してみるのも良いでしょう。

ダミー蜂の巣の効果は!?

肝心のダミー蜂の巣の効果ですが、蜂の巣がベランダに作られることはありませんでした。また、今年は寒かったせいもあるのか、6月に入るまで蜂を見かけたことはありませんでした。

ただ、6月に入って暑くなると蜂はやって来ました(汗)。それでも、やって来ている蜂の数は1匹から2匹なので少なくなっているのかもしれません。現在はダミー蜂の巣を2個に増やして様子を見ています。また、2個設置した効果については追記でご報告します。

また、上記の新聞紙で作った蜂の巣を置いてあるほうでは、今のところ蜂の姿を見ていません。疑似蜂の巣の形状も関係しているかもしれませんので、引き続き、検証して見ます。

その他にも、木酢液やハッカ油などを試していますので、その効果のほどについてもまたお伝えしたいと思います。やって来る蜂が0匹というのは難しいのかもしれませんが、できるだけ蜂には遭遇したくないものですね(涙)

■その他の蜂避けグッズはこちら