加藤清正は長身だった?身長のサバ読み疑惑も?戦国時代の武将の身長ランキングも紹介!

加藤清正といえば、身長のことが話題になることも多いようです。今から400年ほど昔の戦国時代の武将たちは、どれぐらい身長があったのでしょうか?加藤清正の身長に関するエピソードとともに、戦国武将の身長をランキングでご紹介します!

加藤清正とは

加藤清正は、戦国時代から江戸時代の初期まで活躍した武将として知られています。豊臣秀吉の子飼いの武将としても名高く、ゆかりのある熊本県では「清正公さん」と呼ばれて親しまれているようです。

加藤清正は槍の使い手としても有名で、賤ヶ岳の七本槍の一人としても知られています。賤ヶ岳の七本槍というのは、かつて賤ヶ岳で行われた羽柴秀吉と柴田勝家の戦いで功績をあげた豊臣秀吉の家臣たち7名を指しているそうです。

加藤清正は肥後熊本藩初代藩主でもありますが、これは豊臣秀吉亡き後の関ヶ原の戦いでは徳川家康側について戦った功績によって肥後国一国と豊後国の一部を与えられたものによります。

加藤清正は「トレードマークが多すぎる武将・加藤清正!虎退治の話は本当?加藤清正のユニークエピソードを紹介!」でも紹介したように、さまざまな象徴があることでも知られています。

加藤清正の身長は!?

加藤清正の身長についても見ていきましょう。実は加藤清正はその身長が話題になるほどですので、かなり身長が高いか、それとも低いかのどちらかだと考えられます。

調べてみたところ、加藤清正の身長は190cmなのだとか。身長190cmとなると、現在でも高身長の部類に入るでしょう。まして、戦国時代の平均身長は男性で154cmとされていますので、平均よりも30cm以上高いことになります。

加藤清正の身長については、六尺三寸と伝えられているそうです。

加藤清正の身長エピソード

加藤清正の身長エピソードについても見ていきましょう。実は加藤清正は慎重をサバ読みしていたというサバ読み疑惑もあるそうです。

この加藤清正の身長のサバ読み疑惑について調べてみたところ、加藤清正は長烏帽子形兜を愛用しており、これによって身長が10cmほど高く見られていたのではないかという情報があるようです。

当時は 長烏帽子形兜をかぶることにより、身長を高く見せ、敵を威嚇するという手法を採る武将もいたのだとか。ただ、加藤清正の身長が長烏帽子形兜によってサバ読みされたものなのだとしても、180cmはあったと考えられますので、高身長であることには変わりはないようです。

加藤清正よりも長身の武将もいた?戦国時代武将身長ランキング!

戦国武将の身長ランキングについても見ていきましょう。実は加藤清正よりも高身長の武将がいたという情報もあるようです。

ちなみに、戦国時代を代表する織田信長の身長は170cmでした。また、加藤清正の主である豊臣秀吉の身長は140cmとされています。では、戦国武将の身長ランキングTOP5について紹介しましょう。

・戦国武将身長ランキング5位

戦国武将身長ランキング5位は直江兼続です。直江兼続といえば、直江状などでも有名ですが、上杉景勝の腹心の部下としても知られています。直江兼続の身長は182cmでした。

・ 戦国武将身長ランキング5位

戦国武将身長ランキングは本来であれば4位のはずですが、5位の直江兼続と同じ身長の武将がいましたので、同率で5位になります。戦国武将身長ランキング5位は、前田利家です。前田利家は加賀百万石の大名として知られており、かつては織田信長の忠臣でもありました。加藤清正の身長は182cmだそうです。

・戦国武将身長ランキング3位

戦国武将浸透ランキングの3位は加藤清正でした。先ほども紹介しましたが、加藤清正の身長は190cmと言われています。

・ 戦国武将身長ランキング1位

・ 戦国武将身長ランキング、次は2位の予定ですが、同じ身長の武将が2名いますので、1位になります。戦国武将身長ランキングの1位は豊臣秀頼です。豊臣秀頼は豊臣秀吉の息子ですが、父親の身長が140cmだったのに対し、息子の身長は195cmあったそうです。

・ 戦国武将身長ランキング1位

戦国武将身長ランキング1位は、もう一人います。斎藤道三の息子・斉藤義龍でした。斉藤義龍の身長は豊臣秀頼と同じで195cmもあったそうです。史実にも、斉藤義龍がかなり大柄な武将であったことが記されています。

加藤清正の身長は190cm!

加藤清正の身長について紹介してきました。加藤清正の身長は190cmと言われていますが、10cmほどサバを読んでいたのではないかという噂もあるようです。ただ、10cmサバを読んでいたにしても180cmですので、加藤清正が戦国時代の武将たちの中で高身長であったことは間違いないでしょう。