Stay Homeだからこそ、身体にうれしい無農薬野菜でレッツ自炊!おうちで無農薬野菜を食べよう!

このブログでは就農への道としてさまざまなことを書いてきましたが、ご存知のように私の住む大阪では緊急事態宣言が発令され、私自身も医療崩壊をできるだけ食い止めるべく、Stay Homeを心がけています。 大阪ではすでにいくつかの病院で救急搬送が中止されるなど、医療崩壊が始まっています。

コロナウィルスは人が運びます。症状がなくても感染しており、人に感染させてしまうというのがこのウィルスの厄介なところです。新型コロナウィルスは、人の動きをできるだけ止めることでしか、感染拡大を止めることができません。

欧米などではロックダウンという日本よりも激しい制限が行われていますが、徐々にその効果が出てきているようです。それでもまだ、収束に数ヶ月がかかると言われています。

しかし、日本では、残念ながら現在の政府の対策では、働かざるを得ない人があまりにも多く、外に出たくないのに外に出ざる得ない人があまりにも多い状況です。そのため、欧米に比べると、コロナウィルスの収束は遙か先だとも言われています。

私たちにできることは、「家から出ないで済む人はできるだけ出ないこと」これしかありません。日本はICUも人工呼吸器も欧米に比べて数が少なく、ICUがパンクしたときには大変なことになってしまいます。

よろしければ、さだまさしさんの「緊急事態宣言」の歌を聞いてみてください。私たちにできることが少し見えてくるかもしれません。

現在はコロナウィルスで在宅勤務となっている人も多いかもしれません。せっかくのこの機会に無農薬野菜で自炊してみませんかという提案をしてみたいと思いました。無農薬野菜は、農薬を使用した野菜と比べると、野菜本来の味がとても濃いことが特徴です。しかし、育てるのにはとても手がかかります。せっかくコロナウィルスが収束しても、無農薬で野菜やお米を作ってくださっている農家がなくなってしまうと大変です。

ただでさえ、現在はこれまでに日本に農産物を輸出していた外国が、自国を優先して輸出をやめるという宣言をしています。日本の現在の食糧自給率は30%程度と言われていて、食料の輸入がストップしてしまうと、たちまち食糧難が起こるとも言われています。

この情報に関しては、元農林水産大臣の山田正彦さんがブログでご紹介してくださっています(山田正彦さんのブログ記事→ 恐れていたことが始まりました。

私自身、現在は家から出ず、畑ものお手伝いお休みさせていただき、自分自身がウィルスの運び手とならないようにする日々ではありますが、何かできることはないかと考えました。

そして、同じようにおうちで待機されている方に、通販をされている無農薬野菜の農家さんを紹介したいと考えました。このサイトのアクセス数はそれほど多くはなく、農家さんの集客の助けになるかどうかは不明です。でも、少しでも多くの人が、この機会に無農薬野菜を農家さんから購入して欲しいと思いました。

私は普段、地元の自然農法をされている農家さんから野菜を定期購入しています。ただ、現在は端境期ということもあり、お休みをされていますので、その間は他の農家さんの野菜を購入させていただいていました。どこの農家さんも、特色のようなものがあり、毎回野菜が届くのがとても楽しみです。

自然農法、無農薬野菜の農家さんは、普段はスーパーなどでは見かけないような珍しい野菜を作っておられることもあり、新しい野菜との出会いも農家さんから野菜を買う楽しみの1つと言えます。

無農薬野菜は農家さんから買うのが1つの方法ですが、私は「この野菜が欲しい」と思ったときにはCO・OP自然派も利用しています。最近のCO・OP自然派は無農薬野菜の取り扱いも増えているようで、農家さんの野菜だけでは足りないと思ったときには注文しています。

CO・OP自然派の野菜は、無農薬か省農薬の表示がきっちりとされているので、安心して購入することができます。

また、CO・OP自然派の場合、現在は完全に非対面の配達となっており、互いの感染リスクもありません。また、無添加の商品も多数取り扱っていますので、私は重宝させてもらっています♪

次回からは、自然農法の野菜、無農薬の野菜を通販で購入できる農家さんについて紹介します。これまでに購入してきた農家さんの他にも、面白い取り組みをされている農家さんなど、幅広く紹介していくことができれば良いなと考えています♪