戦国時代のグルメレシピ!織田信長も好きだった湯漬けの作り方!

織田信長にはさまざまなグルメエピソードがあります。そんな織田信長がもっとも愛したグルメが湯漬けだったと言われています。織田信長が愛した湯漬けの作り方やグルメエピソードについて紹介します。

織田信長はグルメだった

織田信長は甘い物に目がなかったというのは有名な話で、「織田信長は下戸だった?甘い物好きは本当?織田信長の食べ物にまつわるエピソード!」でも紹介しましたが、戦国時代に金平糖やビスケットなどのお菓子を食べていたというエピソードも残っているほどです。

また、甘い物だけではなく、貴族などが食べるものにも精通しており、実はかなりのグルメだったと言われています。

織田信長のグルメエピソード

織田信長のグルメエピソードについても見ていきましょう。織田信長は自分が普段食べるものに関しては、質素なものが多かったとされていますが、客をもてなすときには最高のグルメメニューを提供していたことでも知られています。

織田信長は「味の分からない田舎者」と思われがちですが、他者にたいするもてなしの際に最良のものを提供していたということから、実際にはとてもグルメな人物なのではないかと考えられます。

たとえば、織田信長が同盟相手である徳川家康をもてなした料理が史実にも残っているそうですが、当時としては手に入りにくい素材を数多く使用した心づくしのメニューだったのだとか。

食前酒としては当時としてはかなり貴重品だと考えられる赤ワインが出されたとされ、アワビや鯉、スズキ、鴨、ウナギなど、山海の美味が徳川家康に提供されたそうです。

これらの食材は、現在なら簡単に取り寄せできますが、当時は時間をかけ、徳川家康の接待の日に合わせて苦労して集められたものだったとのこと。織田信長がどれほど徳川家康を大事に考えていたか、さらに、食に対するこだわりが強かったかが分かるエピソードかもしれません。

ちなみに、この徳川家康への晩餐でも、信長の好物である湯漬けが出されたのだそうです。

また、この徳川家康への接待に関わる逸話として、この接待は本来は明智光秀に任されていたものの、織田信長は満足せず、明智光秀を接待役から外したというものがあるそうです。

その後、明智光秀は中国の羽柴秀吉のもとへ行くように命じられますが、光秀は中国へは行かず、本能寺にいる織田信長のもとへ軍隊を率いて向かいました。そして、本能寺の変が起こったという説もあるそうです。

織田信長の好物は湯漬け!そのレシピは?

信長の好物といえば、湯漬けというのは有名な話です。湯漬けというのは、ご飯にお湯をかけ、漬け物などと一緒にかっこむというものですが、織田信長はその気性がせっかちだったために湯漬けを好んだとも言われています。

また、織田信長がその勢力を伸ばすきっかけとなった桶狭間の戦いへ向かう前にも、湯漬けを準備させて食べていったという話もあるそうです。

そんな織田信長とゆかりの深い湯漬けのレシピについて紹介しましょう。

<材料>冷やご飯、赤味噌、おろしショウガ、胡麻油、好みの漬け物、お湯

<作り方>フライパンに胡麻油、おろしショウガ、赤味噌を入れ、混ぜ合わせたものを味噌が少し焦げるまで焼きます。細かく刻んだ漬け物を冷やご飯の上に乗せ、先ほどフライパンで調理したものも一緒に乗せます。最後にお湯をかければできあがりです。

織田信長の好物は他に焼き味噌も!そのレシピは?

織田信長の好物としては、湯漬けだけではなく焼き味噌もあります。織田信長はこの焼き味噌を湯漬けに乗せて食べていたとも言われているようです。では、焼き味噌のレシピも紹介しましょう。

<材料>赤味噌、白ごま、胡麻油、おろし生姜、砂糖、酒、ネギ

<作り方>鍋に胡麻油を入れ、そこに赤味噌を入れます。弱火で焦げ付かないように炒めたところに白ごまを入れましょう。さらにおろし生姜、砂糖を入れ、よく混ぜます。刻んだネギを加え、赤味噌をじっくりと焼くようにかき混ぜます。最後に酒を加え、水分が飛ぶまで混ぜながら加熱したらできあがりです。

織田信長は歴代武将の中でも質素なグルメ派!

織田信長のグルメレシピについて紹介してきました。織田信長は普段は質素なものを好みましたが、実はとてもグルメな武将として知られています。そんな織田信長がもっとも好んだグルメは湯漬けと焼き味噌でした。織田信長に思いを馳せながら、ぜひ湯漬けや焼き味噌を作ってみてください!