明智光秀は日ノ本一の愛妻家?妻の替え玉も見破った?明智光秀と妻のラブラブエピソード!

投稿者:

戦国時代には正妻の他に側室をもうける一夫多妻制がまかり通っていた時代ですが、明智光秀はそんな中でも妻が存命中には側室を置かなかった愛妻家として知られています。明智光秀と妻の微笑ましいエピソードや妻の賢妻ぶりについても紹介します!

明智光秀とは

明智光秀といえば、本能寺の変を思い浮かべる人も多いでしょう。裏切り者という印象の強い明智光秀ですが、とても優秀な人で、築城の名手でもあり、戦の名手でもあり、鉄砲の名手でもあったのだとか。最終的には主君の織田信長を裏切る明智光秀ですが、その優秀さゆえに織田信長からは重宝されていたと言われています。

明智光秀は大変な美男子だったという情報がありますが、それと共に禿げを信長からからかわれていたという情報もあるそうです。信長は明智光秀のことを「金柑頭」と呼んでいたのだとか。豊臣秀吉を「猿」と呼んだりする信長ですので、光秀が「金柑頭」と呼ばれてもまったく不思議ではありません。「金柑頭」というのは、当時は頭髪が少し寂しい人のことをさしていたそうです。

明智光秀は本能寺の変の後、山崎の戦いで敗れ、落ち武者狩りにあって殺されたという説があります。ただ、山崎の戦いで光秀は死んでおらず、光秀の才能を惜しんだ徳川家康に庇護され、「南光坊天海」となったという説もあるそうです。「南光坊天海」は徳川家康の側近として活躍し、江戸時代初期の政策などに大きく貢献したと言われています。

明智光秀の妻は煕子

主君の織田信長は裏切った明智光秀ですが、妻に対しては裏切ることなく一筋を貫いていたようです。明智光秀の妻は妻木煕子(つまきひろこ)という女性でした。 煕子は妻木範熙の娘とされていて、武家の長女として生まれているようです。この煕子という名は後世になってからつけられた名前とも言われていて、「お牧の方」または「伏屋姫」が本当の名前だという説もあるそうです。

妻の替え玉を見破った明智光秀

明智光秀の妻・煕子 は、光秀との結婚前に疱瘡という病にかかってしまい、顔に醜いアザが残ってしまったのだそうです。そこで、一計を案じた煕子の父は、結婚式に煕子の妹を替え玉として嫁がせようとしました。しかし、すぐに光秀は煕子ではなく妹であることを見破ったと言われています。

明智光秀は「容貌は変わりやすいものだが、心の美しさは変わらない」といって、煕子との結婚を望んだのだそうです。そして、光秀は予定通りに煕子と結婚しました。

この煕子がかかった疱瘡というのは、天然痘とも呼ばれる病気で、当時は致死率が20%~50%とされており、煕子もアザは残ったものの、下手をすれば命も危うかった可能性もあります。

明智光秀と妻のラブラブエピソード

明智光秀と妻の煕子には、さまざまなラブラブエピソードが存在すると言われています。その代表的なエピソードについて紹介しましょう。

①城を攻められたとき、身重の煕子を負ぶって逃げた

明智光秀は出生街道をまっしぐらに進んでいたと思われがちですが、実は織田信長に仕える前には浪人生活を送っていたこともありました。明智光秀の叔母が斎藤道三の正妻だったために、斎藤道三が息子の斎藤義龍から攻められた折には斎藤道三の味方として戦いました。しかし、斎藤道三は息子に敗れてしまい、明智光秀も自分の城を斎藤道三に攻められてしまいます。

明智光秀はこの時に身重だった妻を背負い、城から逃げ出したと言われています。その後、明智光秀は浪人となって、剣術を教えるなどして生計を立てていた時期があったそうです。

②浪人中の光秀のために髪を売ってお金を工面した

光秀ほどの能力があれば仕官先はすぐに見つかるはずですが、実はそこには光秀のプライドも邪魔をしていたと言われています。自分が仕えるに値する主人を見つけることがなかなかできず、光秀の浪人生活はかなり長引いてしまっていたようでした。

そんな折りに光秀は連歌の会を催すことになったのですが、連歌の会を主催するとなるとお金がかかってしまいます。妻の煕子は「お金は何とかします」と光秀に言い、接待のための食事や酒などを用意してきたそうです。

そして、光秀は気がつきました。妻の美しかった髪がなくなり、まるで尼のようになっていたことに。妻の煕子は自身の髪を売ってお金を工面し、光秀の面目を守ったのです。

③光秀が重病になった際には献身的に看病し、自らが病に伏した

明智光秀が本能寺の変を起こした時には、妻の煕子はすでに他界していたと言われています。実は煕子は他界する前、重病となった明智光秀をつきっきりで看病していたのだそうです。そして、その看病疲れで病に伏してしまい、そのまま帰らぬ人となったと言われています。

明智光秀は病平癒の祈祷を依頼したり、頻繁に見舞いに訪れるなどして回復を願いましたが、その祈りが届くことはありませんでした。

もしも煕子が本能寺の変の時に生きていれば、明智光秀はまた別の道を選択した可能性もあるかもしれません。

実は他の娘との間に子供がいた説も・・・

明智光秀は妻・煕子一筋で、側室などは置かなかったと言われています。ただ、これにも諸説あるようで、煕子を娶る前に別の女性との間に子供ができていたという説もあるのだとか。たとえそうだとしても、他の有名武将達に比べると、明智光秀が妻・煕子一筋であったことは間違いなさそうです。

明智光秀は妻一筋の愛妻家だった!

本能寺の変で主君の織田信長を裏切った明智光秀ですが、自身の妻に対しては裏切りなどはせず、一途を貫いたようでした。そして、その妻・煕子は、明智光秀に愛されるだけの価値ある素晴らしい女性であったことも伝わっています。多くの側室を持ち、子孫を残すことが義務とされた時代の武将の中で、明智光秀の一途さは後世から見ても微笑ましいものだと言えるでしょう。