トレードマークが多すぎる武将・加藤清正!虎退治の話は本当?加藤清正のユニークエピソードを紹介!

投稿者:

加藤清正とは

加藤清正は豊臣秀吉の子飼いの家臣として知られていますが、親は刀鍛冶・加藤清忠です。秀吉の出自が農民であることは通説となっていますが、加藤清正の母が秀吉の母と親戚関係であったことから、刀鍛冶の息子から秀吉の小姓として仕えることになったのだそうです。加藤清正は剛胆な武将としても知られ、拳を口の中に入れることができるという特技があったそうです。実は新撰組組長の近藤勇は加藤清正に憧れていたということで、自分も真似をして口に拳を入れていたと言われています。

秀吉が中国を攻めていた時にも加藤清正は同行し、冠山城攻めでは城に一番乗りをして敵を真っ先に討ち取ったというエピソードもあるのだとか。本能寺の変では加藤清正は豊臣秀吉に従い、山崎の戦いにも参戦したそうです。

加藤清正は後に肥後熊本藩初代藩主となりますが、現在も熊本城の近くには加藤神社という神社があり、加藤清正を祀っています。この神社では武将みくじをひくこともでき、観光客たちの人気みやげのひとつにもなっています。

賤ヶ岳の七人槍の一人!

加藤清正を語るエピソードとしては、賤ヶ岳の戦いがあるでしょう。この賤ヶ岳の戦いは、かつて同じ織田家の家臣であった豊臣秀吉と柴田勝家の戦いです。織田信長の死後、家督を巡って豊臣秀吉と柴田勝家の対立が深まっていました。柴田勝家は織田家の古参の将、それに対して豊臣秀吉は信長の覚えは良かったものの、柴田勝家よりも後から織田家に加わった将で、おまけにその出自も農民です。

ところが、信長の死後、豊臣秀吉は信長の長男・信忠の息子である三法師の擁立を清洲城で行われた清洲会議で訴え、多数決によって三法師が織田家を継ぐこととなりました。しかし三法師は当時はまだ幼少で、実質的に織田家は後見人である秀吉が継ぐということになったのです。これに不満を抱き、柴田勝家は豊臣秀吉の居城である近江城へ挙兵したのだそうです。

そして、柴田勝家との決戦は、現在の滋賀県新居浜市付近にある賤ヶ岳で行われました。この時、大垣城にいった秀吉は味方の窮地を知り、大垣城から賤ヶ岳まで5時間で戻るという力業を見せました。これを美濃大返しと言います。この美濃大返しの成果もあり、戦は豊臣秀吉の勢力が勝利を収めます。この時、秀吉側の武将たちは数々の武功をあげましたが、そのうちの七人が「賤ヶ岳の七本槍」と呼ばれるようになりました。加藤清正もそのうちの一人です。

多すぎるトレードマークとは?

加藤清正にはさまざまなトレードマークがあることでも知られていますが、そのうちの代表的なものを紹介しましょう。

①長烏帽子形兜

武将は戦場で大きく見られる方が有利になるとも言われていたそうですが、加藤清正は当時の日本人としては破格の長身だったと言われています。その身長は約190cmあったとされていますが、加藤清正はさらに長い烏帽子の形をした兜をかぶることで、さらに自分を大きく見せていたそうです。

② 片鎌槍 

当時の武士たちの戦場での武器は、圧倒的に槍が多かったと言われています。その中でも加藤清正の愛用の槍として知られるのが「十文字三日月槍」ですが、戦の最中にこの槍の片刃が 折れてしまったのだとか。しかし、加藤清正はこの「十文字三日月槍」を愛用し続けたと言われています。

③題目旗

実は加登清正は熱心な法華経の信者として知られています。当時の日本の宗教としては仏教が多く、念仏や真言などもありましたが、法華経も人気があったそうです。そして、法華経と言えば日蓮が説いたとされる「南無妙法蓮華経」という題目を唱える武士も多かったのだとか。加藤清正はその信仰心の証として白地に朱色で南無妙法蓮華経と書いた「題目旗」をいつも戦場で翻らせていたそうです。

④帝釈栗毛

戦場には武将達はこだわりの馬を連れて行きますが、この馬に加藤清正は特にこだわっていたそうです。この加藤清正の愛馬は帝釈栗毛と呼ばれ、六尺三寸あったという巨大な馬だったのだとか。加藤清正自身が大男でもありましたので、この帝釈栗毛に乗った加藤清正は戦場ではかなりの威圧感があったものと考えられます。

⑤金小札色々威片肌脱胴具足

そして、加藤清正のトレードマークの中でも賛否があると言われているのが金小札色々威片肌脱胴具足です。この具足は頭には熊の毛をあしらい、胸部と背部は あばら骨の浮いた肉色の体を覗かせるという現代ではあまり趣味のよろしくない具足でもあります。ただ、戦場で相手に恐怖心を与えるには効果的だったのかもしれません。

加藤清正の虎退治伝説

加藤清正は秀吉の命令で朝鮮に出兵した際に、虎を退治したという伝説があるそうです。虎というのは当時は人間などが太刀打ちできない生き物とされていましたが、加藤清正が朝鮮で陣を構えている時に虎が現れ、馬を咥えて宙を飛び逃げ出したと言われています。加藤清正は虎退治に向かい、虎が口を開けて襲いかかってきたところを見計らって銃を撃ち、見事に一撃で虎を倒したという伝承があるそうです。

手話の「カトウ」はこの虎退治にちなんでいる?

日本の手話で「加藤(カトウ)」を表現するとき、 両手で槍を持って前に突き出す動作をするものがあるそうです。長い槍は加藤清正を象徴するものであり、それで突き刺したのは虎ということになるようです。ちなみに加藤清正の別名は「虎之助」ですので、これと虎の伝承を併せてできた手話だという見方もできるでしょう。

加藤清正はトレードマークが多すぎる武将

トレードマークが多すぎる武将・加藤清正について紹介してきました。戦国武将はさまざまな験担ぎをしていたと言われますが、加藤清正のトレードマークとされるアイテムも、そうした験担ぎの一種だったのでしょう。戦場での剛胆な活躍のみならず、築城の名手としても活躍した加藤清正は、現代でも人気武将の一人でもあります。