豊臣秀吉が浮気を信長に叱られた?意外なほど細やかな織田信長の部下への配慮とは?

投稿者:

豊臣秀吉とは

主君・織田信長が成し遂げられなかった天下統一を成し遂げたのが豊臣秀吉です。豊臣秀吉は羽柴秀吉と名乗っていたこともあり、それ以前には木下藤吉郎とも名乗っていました。羽柴秀吉の「羽柴」は、当時織田家を支えていた有力な家臣であった「丹羽長秀」と「柴田勝家」の名字から一字ずつとってつけられたものだと言われています。ただ、最終的に豊臣秀吉は丹羽長秀を自殺に追い込み、柴田勝家を滅ぼしています。

豊臣秀吉は織田家の他の武将達とは異なり、農民の出だと言われています。豊臣秀吉が織田家に仕えるようになった当時、織田家は農民の出でも構わないとして広く人材を募っていたそうです。豊臣秀吉は別の家に仕えていましたが、そこでは出世はのぞめないと判断し、織田家に仕えることにしたそうです。そして、織田信長に小者として召し抱えられ、清洲城の普請などさまざまな功績を挙げて出世していきます。

信長はこの豊臣秀吉のことを「猿」と呼んで可愛がっていたとも言われています。豊臣秀吉は「人たらし」と呼ばれるほどに信長を始め、人心を惹きつける魅力があったとされています。

豊臣秀吉はかなりの浮気者だった

豊臣秀吉の正妻は寧々ですが、寧々は浅野長勝の養女で杉原定利の娘だと言われています。いちおう武家の娘ということもあり、寧々の母は秀吉との結婚に反対していたという説もあるそうです。それを寧々が押し切り、秀吉が入り婿となる形で結婚したという話もあるようです。おそらく寧々には豊臣秀吉の才能や将来性がこの時に見えていたのではないかとも考えられます。

「英雄色を好む」とは言いますが、豊臣秀吉は浮気もスケールが違っていたと言われています。当時は側室などの制度もありましたので、男が妻一人しか女を知らないというようなことは少なかったのですが、秀吉は女性関係もかなり奔放だったようです。さらには正室の寧々が嫉妬深い性格であったということもあり、秀吉の女性関係にはたびたび悩まされていたようです。

豊臣秀吉の妻・寧々が織田信長に夫の浮気を相談?

なかなか秀吉の浮気が治らないということで、妻の寧々は織田信長に浮気の相談をしたのだそうです。これは手紙で相談したのではなく、実際に何か用を作って信長に会いに行ったと言われています。この時の面談の様子について詳しいことは分かっていませんが、寧々はかなり詳細に夫の秀吉の浮気について織田信長に訴えたものと見られています。

書状で織田信長に浮気を叱責された豊臣秀吉

織田信長の元を訪れた寧々のもとには、後日信長からの丁寧な書状が送られてきました。その書状の内容が秀逸だと現代の歴史ファンたちをも唸らせているようです。信長が寧々に送った書状の内容について詳しく見ていきましょう。

①寧々の来訪に感謝を述べる

信長はまず書状の始めに、わざわざ尋ねてきてくれた寧々の労をねぎらっています。そして土産として持参したものに対する御礼もきちんと述べ、次に来たときにはお返しをすると次回の来訪についてもさりげなく促しています。書状の内容から、おそらく寧々はかなり溜め込んだ愚痴を信長に言った物と思われますが、それでも再訪を促すというのは、秀吉が信長にとって大切な部下であると同時に、寧々が秀吉にとってはなくてはならない妻と認めている証かもしれません。

②寧々を褒め称える

そして、信長の心遣いの細やかさが現れていますが、来訪した寧々の容姿についてかなり褒め称えているようです。女性が聞けば嬉しくて舞い上がってしまいそうな言葉で褒め称えています。具体的には「年齢を重ねてさらに美しくなり驚いた」と書いていたようです。女性の複雑な心をしっかりと信長は鷲づかみにしていたようです。

③浮気した秀吉を罵倒する

さらに信長は、浮気を繰り返す秀吉に対して容赦なく罵倒します。「ハゲネズミ」などという信長らしい表現も出てきているようです。そして、「秀吉などにはお前はもったいない妻」とまで書状には書かれてあったようです。秀吉に対してはそんなできすぎた妻に文句を言うなど言語道断とばっさり切り捨てています。

④再び寧々を褒め称える

さんざん秀吉を罵倒した後に、信長は再び寧々を褒め称えています。「どこを探しても秀吉がお前以外の妻を見つけることなど不可能だろう」と信長は最大限の褒め言葉で寧々を讃えます。

⑤寧々を諭す

しかし、褒めるだけではなく、きっちりと寧々を諭すことも信長は忘れていません。今後は身の持ち方を改めて、奥方らしく堂々としていなさいと信長は寧々に告げます。そして、ヤキモチなどは焼かないようにということ、さらには女房の役目として、「言いたいことをすべて言うのではなく、ある程度に留めて言うと良い」というアドバイスまで送っています。

⑥書状を秀吉に見せるようにと告げる

これはあくまでも寧々に対する手紙なのですが、信長は書状の中で、「この手紙は秀吉にも見せるように」と書いています。つまりここまで書いてきたことすべてを秀吉が信長の言葉として受け取るようにという意味でもあります。

⑦天下布武の印を押す

最後には信長が公文書に用いていた「天下布武」の印が押されています。このことによって、寧々に送られた手紙はただの手紙ではなく「公文書」扱いとなります。秀吉としてはこの手紙の内容を軽んじることなど絶対にできなかったと考えられます。そして何より自分の所業がすべて信長に筒抜けだったことにも驚いたでしょう。以後の秀吉は浮気は治らなかったものの、寧々を尊重して扱っていたという話もあるようです。

豊臣秀吉の主君・織田信長は細やかな気配りのできる上司だった

豊臣秀吉が浮気を主君の織田信長に叱責されたというエピソードについて紹介してきました。豊臣秀吉は織田信長を主君として非常に敬愛していたことで知られていますが、信長も秀吉から敬愛を受けるに値する上司だったということが、このエピソードから垣間見えるかもしれません。