美濃の国盗りは親子二代の成果だった?斎藤道三の出身は商人ではない?斎藤道三の出自は?

投稿者:

商人から美濃の国主に成り上がった下克上の武将として有名な斎藤道三ですが、実は斎藤道三の出自は商人でないという説があるそうです。また、美濃の国盗りは斎藤道三一代で成したという説に関しても、異なる説が出てきているようです。斎藤道三の出自についてまとめました。

斎藤道三とは

斎藤道三は別名を美濃の蝮(まむし)とも呼ばれ、恐れられた武将で、商人から武家に仕え、次々と主を追い落として成り上がり、最終的には美濃(現在の岐阜県)を手に入れた武将としても知られています。当時「美濃を制するものは日ノ本を制す」とも言われており、日本の中心部である美濃を制したものが天下統一も成し遂げるといわれていたそうです。

美濃の国主にのぼりつめた斎藤道三は息子に家督を譲って隠居したものの、その後、息子との関係が悪化。最終的には息子が兵を起こして斎藤道三の居城を攻め、斎藤道三は息子によって討ち死にしたと言われています。

斎藤道三には帰蝶という娘がおり、これが織田信長に正室として嫁いでいます。斎藤道三は息子の斎藤義龍よりも織田信長に目をかけていたという話もあり、信長に美濃を譲るという書状まで書いていたと言われています。当時の信長は尾張の小さな国の大名でしかなかったのですが、斎藤道三は信長の将来を見据えていたかのように期待をかけ、武器や防具を提供したりするなど、さまざまな便宜を図っていたという話もあるようです。

斎藤道三は商人だった?

通説によると、斎藤道三は商人の出身だといわれています。ただ、商人の前には幼少期から寺に預けられて僧侶となり、法蓮房と名乗っていたという情報もあります。斎藤道三が修行をした寺は京都の妙覚寺だと言われています。ただ、僧侶の世界も身分が高くないと出世ができないということもあり、斎藤道三は僧侶を辞めて商人としての仕事始めたと言われています。

斎藤道三=松波庄九郎 の商人エピソード

商人となった斎藤道三は、松波庄九郎と名乗ったそうです。若い頃の斎藤道三=松波庄九郎は女性にとてももてたようで、京都の油問屋として有名だった奈良屋又兵衛の娘 を娶ったと言われています。 松波庄九郎は山崎屋という商号で油売りを始めますが、これが大人気となったのだとか。ただ油を売るだけではなく松波庄九郎はパフォーマンスをしながら油を売っていたのだそうです。

松波庄九郎の油売りのパフォーマンスというのは、一文銭の真ん中に空いた穴に油を通すというもので、京都で大人気となったそうです。この人気の秘密というのは、「もしも油がこぼれたらお代はいただきません」というものでしたので、松波庄九郎が油を売りに来ると、いつも大勢の人が集まったそうです。しかし、松波庄九郎は一度も油をこぼしたことがなかったといいます。

この油のパフォーマンスを見ていた土岐家の武士から松波庄九郎は、「あなたのパフォーマンスは素晴らしいが、その努力を武芸に注げば良い武士になれるのに」とその腕を惜しまれたのだとか。その時、松波庄九郎は武士になろうと決意し、嫁も松波庄九郎という名前も捨てて、武芸に励み、達人になったと言われています。その後、斎藤道三は、土岐家にゆかりの美濃守護土岐氏小守護代の長井長弘家臣となり、下克上が始まったと言われています。

松波庄九郎が斎藤道三の父親説

実はここまでの松波庄九郎の物語は、斎藤道三の物語ではなく、斎藤道三の父の物語であった可能性が指摘されているのだそうです。この当時は戦国時代とはいってもかなり初期のことで、文献などが少なく、断定はされていないようです。ただ、さまざまな文献を照らし合わせると、斎藤道三と父の長井新左衛門尉の二代をかけて美濃の国盗りが実現したのではないかという説が、現在は有力となっているそうです。

国盗り物語りでは斎藤道三一代での下克上が描かれていた

斎藤道三を描いた小説はさまざまにありますが、その中でも有名なのが司馬遼太郎の「国盗り物語」です。この「国盗り物語」では斎藤道三が油商人からのしあがり、下克上を果たして美濃の国主となるまでの物語が描かれていますが、もしも父と斎藤道三の二代で国盗りが行われたのだとすれば、「国盗り物語」はある意味でファンタジーとなってしまうかもしれません。

ただ、美濃の国盗りが親子二代によるものという説は近年になって出てきたものですので、司馬遼太郎が「国盗り物語」を執筆しているときには、斎藤道三が一代で下克上を成し遂げたという説が痛切となっていました。

斎藤道三の出自は商人でない可能性が高い

商人の出身だと言われていた斎藤道三の出自について紹介してきました。斎藤道三は商人から武士になり、主を蹴落としながら一代で美濃の国主になったというのが通説でしたが、現在は僧侶時代や商人時代など斎藤道三の半生として伝えられている半分は、父のことではないかと言われています。この時代の文献は少なく、まだ確定したわけではないようですが、今後さらに新たな文献の発見などがあれば、通説はまた変化する可能性もありそうです。